旅行・地域

2019年5月23日 (木)

4/29 車中泊の旅ー4日目 輪島→羽咋郡志賀町

深夜に、横のスペースに駐車する車両がありました。で、エンジンをかけたまま車中泊を始めました。
かつ、車内で大騒ぎ。声の感じからすると比較的年配の夫婦?明らかに酔っている。飲酒運転で来たか?

余りにもうるさいので、エンジンをかけずにニュートラルにし、2ブロック後ろのスペースに車を移動。軽車両ということもあるのか、押せば余裕で動かせる。

こういったマナーの悪い人がいるので、車中泊の印象が悪くなる。そういえば、富山の道の駅では駐車スペースにテントを張っている人がいた。

でも、毎日車に寝泊まりして旅行する、ということは、そこまで市民権を得ていない。事実、今回の件を職場の連中に話したら、びっくりされた。「自分はそんなことはしていないから関係ない、悪くない」とは思わないよう、気を付けて楽しみたいと思う。


車を移動した後は静かで、おかげさまで熟睡でき、6:00起床。
洗濯物が多少溜まったので、駅前のコインランドリーへ。

洗濯物を回収したのち、輪島の朝市へ。
042901

まずはいろいろ物色しつつ、ちょっと買い食い、えがら饅頭。
042902

旅行ガイドで見つけた海鮮丼の店(7:30開店)に7:40に並ぶもかなりの行列。時間がかかりそうだが、午前中は朝市を見るつもりなので許容。結局1時間待って、入店は8:40。

能登ふぐ丼1300円、刺身3点550円。
042903
ふぐ丼は、ゆがいたフグ、とろろ。味というよりもブリブリの歯ごたえが印象的!多少醤油をかけるとうまい。これだけ分厚いフグは初めてです。
042904


その後、お土産をいろいろ物色、購入。かなり使ってしまった。
042917
日本酒、いしる、漬物、ホタルイカ、ぎんなん(これで200円!)、その他にも、塩から、お菓子類等。

042905
これ以上回るとその他にもいろいろ買ってしまいそうなので朝市から撤退し、11時過ぎ出発。


以降も極力海沿いをドライブし、気になったら停まって見学。

道はアップダウンが結構あり、絶壁、奇岩、滝、ととてもバラエティーに富んだ景色。思わず声が出てしまうほど、ものすごい解放感に包まれる。楽しい!楽しすぎる!!
042907
042908
042909
042910
042911
042912


途中、猿山岬灯台の場所で軽くトレイルラン。気持ちが良い!

何度も何度も停まったため、全然距離が稼げない。

知人に「世界一長いベンチがあって、スーパーも近いし、隣のホテルで温泉入れるよ!」と教えてもらった「どぎの道の駅」に14:30。

まだ移動できる時間ではあったが、今日はゆっくり車中泊を楽しもう!とおもって、ここまでとする。
まずはスーパーで買い出し。

チャンスがあったら走ろう!と思い持ってきたランニングウェア、シューズに着替え、海沿いを12㎞程RUN!

見たことのある岩がありました。知らない土地を走るのは楽しいですね。
042913
042914
0429un
その後は隣にあるホテルの温泉へ。とても温まるお風呂。1時間半も堪能してしまった。
結局、夕食開始が19:30頃。

今日もお鍋ですが、スーパーで買った「とり野菜みそ」の味噌鍋が最高!パウチのお味噌をお水に溶かして、野菜や肉を入れるだけなのですが、コクがあってとても美味しい。
042916
結局、以降の夕食はすべて「とり野菜みそ鍋」でした。
042915
お刺身も。持参したお醤油が切れたため、スーパーで販売していた一番小さなお醤油を買ったのですが、このお醤油もうまい!濃くてコクがあって刺身には最高!

お土産用に購入しクーラーボックスに入れていた日本酒の小さいほうを頂くことに。この日本酒もすごくうまい!


車中泊の旅、たのし~!はまる。

夜、雨が降り出しました。
木の下に駐車したため、枝葉からの雨だれが車の天井にボタボタと落ちます。貨物車のため防音は弱く、雨音が気になり熟睡はできませんでした。雨が降りそうなときは、駐車場所に注意。
0429
今日の移動距離:約70 km

| | コメント (0)

2019年4月28日 (日)

4/28 車中泊の旅ー3日目 富山市→輪島

5:30起床。それなりに熟睡。

昨日と打って変わり素晴らしい晴天!

早朝の道の駅は、車中泊の方でいっぱいでした。
042801_1  

朝食は、昨夜の残りの野菜と魚肉ソーセージを炒め、コーヒーとパン、オレンジ。

片づけをして7時に出発。人生初の能登半島へ!
なるべく海沿いを走る。海越しの山がとてもきれい!
042803

七尾の道の駅で休憩。大きな岩ガキ800円をいただく。
美味しかったが、でかいのは殻だな。
042806 042807

海沿いをドライブしながら景色を楽しみ、ここ、と思う旅に停車、を何度も繰り返す。漁村の素朴な風景もいいです。

042805   
042810
042808
042809
 
道の駅すず塩田村で塩つくりを見学し、塩を購入。確かに普通の塩とは違うコクがありました。
042811
042812

漁港に車を止めてバスで移動し千枚田を見学。
千葉にも有名な大山千枚田があるが、ここは背景が海。これはこれでいい感じです。
042813


今日の宿泊予定地の輪島に到着。

当初は道の駅に泊まるつもりでしたが、明日朝のイベント、朝市の会場まで多少遠いためその他の場所もチェックし、朝市用駐車場に決定。
8~12時出庫で300円かかるとのことだが、かなり大きく、トイレもあるし、他にも車中泊組が。

調べるも近くには温泉がなく、銭湯へ車で移動。
すっきりして車中泊場所に戻る。

多少体調が悪いような気がしたので早めに休むこととし、食事。
今日も昨日の残りの豚シャブ。
体調悪いのにやはりお酒を飲む。車中泊の旅、楽しい!!!


0428_1
今日の移動距離:約250 km

| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

4/27 車中泊の旅ー2日目 八ヶ岳SA→富山市

5時30分起床。高速道路のSAのため、やはりエンジン音等がうるさくて熟睡は困難でした。

一応青空、SAから見える山はきれい。
042701 042702     


お湯を沸かして、インスタントコーヒと、昨日買ったスナックスティック(9本入り)の2本で朝食。
このパンはいい買い物で、30日の朝まではこれでいけました。

6時出発。初日の目的地だった諏訪湖SAに立ち寄る。
諏訪湖は昨年11月に訪れていて、温泉もあるし場合によっては帰りに湖沿いで車中泊することも考えていました。

湖はきれいでしたが、上空は雲に覆われていました。
042703

さらに北上し、安曇野ICで高速を降りる。千葉では散ってしまった桜が結構咲いている。よし、どこかで桜を見よう!と思って、適当にふらふらと車を走らせ、「安曇野クラフトパーク」へ。

まだ8時前のため、全く人がいない。車を停めてネット検索すると、裏山に展望台がある。そこまで行ってみようと思って、トレランシューズに履き替え、リュックに貴重品と水、タオルを入れて出発。

雨は降ってはいないが雲が立ち込め、振りだすのも時間の問題。なので、あまり時間はない。
にも関わらず、展望台へ向かう道がわからず、右往左往して40分を浪費。そのうち雨が降り出す。

濡れて風邪ひきたくないので、駐車場のちょっと上で断念。
042704

車に戻って道を確認、さらに北上。結構雨が強くなってきた。
白馬の道の駅でマップ等を確認し、おやきを購入。おいしかった。
042705

このあたりはまだまだ桜がとてもきれいでした。
写真撮影をしている皆さんが結構いらっしゃいました。
042706

そのうち雨は雪混じりに。このまま日本海側に抜けてもどうしようもないと考え、道の駅小谷で作戦会議。
雨雲レーダを確認すると、目的地の糸魚川方面は、少なくとも13時頃までは雨が強そう。

こりゃ、ダメだ。

なので、まずは温泉入ることにしました!

042707
最近は道の駅に温泉が併設されているところが多く、楽しめます。

お風呂は、朝の10時過ぎにも関わらず思ったより多くの方が入浴されていました。
聞き耳を立ててみると、どうやら皆さん地元の方で、山に山菜を取りに入ったものの、雨が強いのでそこそこで切り上げ入浴、これから一杯、ということらしい。楽しそう!

まだ、何にもしていないのに、1時間半ほどゆっくりと疲れ(?)を癒し、出発。まだ雨。

12時半ごろには新潟県に入りました。道の案内に「フォッサマグナミュージアム」との表示が。
「なるほど、雨だし博物館もいいなあ」、と思って、訪問。

結果は大正解!フォッサマグナって、言葉は知ってるし、なんとなくどんなものかのイメージを持っている程度。今回はしっかりと勉強しました。
糸魚川静岡構造線は知ってましたが、実は私が住んでいる千葉は、糸魚川静岡構造線の”対岸”にあたる柏崎千葉構造線があり、市原市は昔は海で、堆積物で埋まってできた土地、ということを初めて知りました。
042713

お勉強の後は近くのスーパーで夕食とお酒を購入。雨は止みつつあります。
その後は極力海沿いを富山方面へ。

天気は今一つだが、海沿いの道は結構見ごたえのある景色が続く。天候が悪く海も荒れていて、”日本海”という感じがする!

めのう海岸との表示があったので寄ってみると、海は荒れているが、海岸に比較的多くの人が。行ってみると、みなさん石ころを物色している。かわいらしい丸っこい石が沢山。あとで調べたら、どうやら”めのう”を探していたみたい。
042714

 

その海岸の道の駅で、思わず蟹!(1800円)。その場でいただきました。美味!
042709_1

さらに海沿いを西へ。荒れていて日本海っぽい。
042710_1

 

富山市に到着後、宿泊予定の「道の駅カモンパーク新湊」を確認後、近くの「天然温泉海王」でさっぱりし、再び道の駅へ。

宿泊モードにセットしてから夕食開始!
042712_1
今日のメインは豚シャブ。
スーパーで購入した地元の日本酒がおいしくて、思わずホタルイカの沖漬けを道の駅で買っちゃいました。

0427

今日の移動距離:約290 km

| | コメント (0)

2019年4月26日 (金)

4/26 車中泊の旅ー1日目 市原→八ヶ岳SA

今年のGWは10連休。私もうれしいことに10連休いただけました。

折角の10連休、どこかに行きたい、でも海外は今更無理だし、国内もホテル高いし予約困難。
ふと、「車中泊で回ってみようかな」と思いつき、これまで訪れたことのない、富山、石川あたりを回る、車中泊一人旅を思いつきました。

恐る恐る妻に「せっかくなので、一人で車中泊の旅に行ってみようと思うんだけど。26日金曜夜に出発し、平成のうちに帰ってこようと思うけど、いいかなあ」と確認したところ、「どうぞどうぞ、平成といわず令和まで!」とのこと。
妻はホームヘルパーのため連休無関係、長女は仕事、次女はバイト、長男はサッカークラブの練習、と、私以外は全員忙しい。そんな中、親父が家でゴロゴロしてるものかえって悪影響。

ということで、気ままな北陸車中泊一人旅を実行することにしました。

仕事も調整し、26日は午後休暇を取得。
1日目は早めに出発し、アクアライン経由で中央道に入り、温泉がある諏訪SAを目指すことに。

16時には帰宅し、そそくさと準備、近所のスーパーでとりあえずの食糧を購入し、18時に出発。

が、連休前の金曜日ということもあるのか、16号線の下りが大渋滞。アクアラインに入るのに、通常30分が1時間超。

アクアラインは順調も、川崎に入ってからまたしても大渋滞で、高井戸ICが20時過ぎ。
その後も交通量は比較的多く、甲府が21時30分ごろ。眠気が襲ってきたので諏訪SAは断念し八ヶ岳SAへ、21時50分着。残念ながら温泉はないが、安全第一。

駐車場は比較的混んでいる。同じように連休に向けて早出したと思しき車もちらほら。

そそくさと車中泊準備(窓に断熱材兼目隠、エアマット・毛布・寝袋で寝床作成)。
時間も遅いので、夕食は、スーパーで買ったチルドの焼売のみ。さすがにせいろはないので、器に焼売を入れて、少量の水を張った鍋に器ごと入れて熱すること10分。

多少お水が入ってしまった(水蒸気が凝結したもの)が、思ったより美味。350mlビール1本とともに一瞬で完食。

歯を磨いてコンタクトを外す。車内の水はサーフィン用の水タンクから。今回は排水受け用に100円均一のバケツがあるので、歯磨き程度は車内で可能。思ったより快適。

22時30分には寝床に入り、通販で購入した「まっぷる北陸」で明日の予定を考える。「明日は数か所まわって、富山市まで行こう」、などと考えているうちに眠気が増して就寝。

1日目終了。明日は天候が心配。

0426

今日の移動距離:約210 km

| | コメント (0)

2019年3月 2日 (土)

2/25,27 Run - シンガポールでランニング

うれしいことにシンガポールを訪問する機会をいただきました。
数年前(2014年?)に訪問した際はランニングシューズ等を持参せず後悔したので、今回はしっかりスーツケースにシューズとウェアをしのばせて。

3泊4日の期間中、2回走るチャンスがありました。

1回目(青)は入国した日の夜。ホテルに1830過ぎにチェックインし、1900頃から5㎞。
2回目(赤)は2日目の朝7時頃から13km。本当はもっと早く走りたいところですが、日の出が7:15頃で6時は真っ暗。

Sgp

1回目
チャイナタウン方面へ。きちんと調べないまま走り出してしまったため、うろうろ。

でも、結構ランナーの方がいらっしゃるので、こっそり尾行。お祭りなのか?提灯が沢山。

11
公園の中を走りました。夜景がきれい。

12
あまり調子がよくないので、街のほうに戻り、チャイナタウンへ。
13
折角なので食事をとろうと思い、うろうろ。で、おいしそうなチキンライス専門店があったので、そこで夕食。

14
チキンライス4.5SGD、炒めもの3SGD、ライムジュース1.5SGDだったかな?
15
16
チキンライスはおいしかったですが、まあ、日本でもあるレベルかなあ。値段は安いです。



2回目
ビルの上に船が載っている建物方面。
都会です。ビルがすごい。
21
名前知らんが有名な建物。
22
湾の対岸から見る高層ビルはシンガポールっぽいです。

23
一応これも。

24
湾の周回路はランニングにも最適で、結構な数のランナーが走っていました。
赤道に近い国で気温は高いですが、思ったよりも全然走りやすい。
日本の夏のほうがよっぽどつらい。


日曜日にハーフを走るので、いい練習になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月20日 (火)

11/17 Run-諏訪湖一周

11/16に諏訪湖を訪れる機会がありました。中央道で通過したことはありましたが、行くの初めて。

16日は午後から予定だったのですが、千葉駅0638発のあずさにのって10時前には上諏訪駅着。

諏訪湖畔。紅葉?がきれい。

Photo
諏訪湖間欠泉センターで間欠泉を見学
Photo_2

今は自噴しなくなってしまったので人為的に間欠泉を起こしているそうです。逆にタイミングをコントロールできるので、噴出する時間が決まっていて、見学にはよいですね。


高松城を見学。

Photo_3

城内の紅葉がきれいでした。

Photo_4


翌日は午前中で予定終了。一度上諏訪駅に戻り、レンタルサイクルを借りて、すわっこランドへ。

ここは公共の温泉、スポーツ等の施設で、ランナー用には「ランニングステーション」サービスを提供しています。

着替えて諏訪湖一周RUN(16km)へ。

諏訪湖周回のランニングロードは、ほとんどがゴムが張られており、衝撃という点では非常に走りやすいです。

Photo_5

途中、富士山が諏訪湖越しに見えました。きれいでした。

Photo_6

あちこちで写真を撮ったりしながら、16㎞を1時間25分。多少腰痛はありましたが問題なし。

Run

すわっこランドでゆっくりお風呂に入ってから帰路につきました。
帰りのあずさでは、おいしいビールをいただいたことは言うまでもありません。

諏訪湖RUNは多くのランナーとすれ違いました。こんな良いコースがあってうらやましい。行く機会があればまた走りたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

7/7 Run-TAMA ハーフマラソン at FUTAKOBASHI【7/7開催】

7日のことですが、多摩川でハーフマラソンに出場しました。

なんで多摩川まで(自宅は千葉県市原市)、といいますと、同日午後、「野毛で梯子酒をしよう!」という学生時代の仲間のイベントがあり、ならば近場で走ろう!と探したところ、二子玉川付近の多摩川のハーフマラソンを見つけた次第。

通常出勤時と同じ時間の電車に乗り、新日本橋から地下鉄に乗って二子新地へ。東急とか田園都市線とか、私には縁のないおしゃれな街です。

コースは多摩川の側道(?)。舗装部分がほとんどなく、ウッドチップや砂利道で走路コンディションはあまりよくありません。前日の雨は上がっていましたが、雨天レースだとぐちゃぐちゃになりそうなコースです。

気温はかなり高め。前日多少呑みすぎておりコンディションはあまりよくない。目標は4:30/kmに設定。

ハーフは157名エントリー。

10時スタート。4分強で入りました。この暑い中でも早い方は早い。私は早々にサブ3ペースは断念し、4:30/kmくらいに調整。

しかし、暑い!向かい風の時は多少涼しいが、追い風になると体感的にはほぼ無風で汗が噴き出る。5㎞過ぎあたりからは給水もし水もかぶったり。

中盤に差し掛かると暑さ爆発。かぶり水があったので頭からかぶりながら走ります。かぶった時は気持ちいい!スタッフの方も水道の水をシャワーでかけてくれます。これ結構楽しい。ただ、シャツがびっしょりになって肌にまとわりつく感じがちょっと。

ラスト5㎞に差し掛かるころには、4:30/kmも断念。後は水をかぶりながら、最後はちょっと頑張ってゴールしました。

記録は1時間37分強で、平均は4:37/km。まあ、この暑さなので良しとします。水をかぶりながらのRunは、暑い中でも楽しめました。後に飲み会が控えていると思うと一層です。
心拍数もまあまあはかれているのかな?極端に上下している部分がありますが、原因は不明。比較的しっかりとバンドを締めていないと安定しない?
PhotoFutako
集計された記録を見ると、
・エントリー157名
・完走93名(トップ1時間31分)
・DNF21、DNS43
と完走率はハーフとしてはかなり低く、トップタイムも遅め。

やっぱり相当暑かったので、タイムも遅いしリタイヤも多く、そもそも「この気温で走るのヤバイ!」ってことで棄権した方も結構いたのではないでしょうか。
直射日光が避けられる橋の下でTシャツのみ着替え。水をかぶりながら走ったためか、汗臭さは思ったよりなかったです。

電車で二駅先の溝の口駅まで移動し、そこからバスでスーパー銭湯へ。
お邪魔したのは、溝口温泉喜楽里
露天風呂もある天然温泉。サウナもあり、特に炭酸風呂は気持ちよかった~。


水風呂で体を冷やしてから上がり、お次は飲み会。電車で移動し、桜木町駅15時集合。
それから、4次会まで野毛飲み屋を堪能。有名な居酒屋⇒ワイン肉バル⇒ホルモン⇒沖縄料理。楽しすぎて呑みすぎ。やっぱ、走って温泉入った後に、気の置けない仲間と飲む酒は最高です。
16656

16658

16649

16651

16648
当日中には帰れるように、自宅が遠い私は先に上がりましたが、同夜発生した内房での比較的大きな地震のため、千葉駅から先のダイヤがぐちゃぐちゃで、帰着は25時。まあ帰れてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

5/3-Surf。午後はアートミックスへ。

今日は、午後はお出かけの予定なので、サーフィンのみ。
昨日のアスレチックの影響で、腕が筋肉痛だが、何とかなりそう。
5時過ぎに出発、7時に到着。
ただ、波が小さい。先日の日曜よりもさらにスモールコンディション。
2時間ほど頑張りましたが、ショアブレイクでテイクオフの練習ができた程度。
最後にパドリングトレーニングをして2時間チョイで終了。
05031
帰宅後は現在開催されている「いちはらアートミックス2017」へ。
特に芸術に興味があるわけではありませんが、息子の絵が飾られているとのことで、それを見るついで。
マラソンで走る高滝湖を過ぎ、歩いて行った小湊鉄道里見駅を過ぎ、上総大久保駅近くの旧白鳥小学校へ。既に廃校となっていますが、古き良き小学校って感じ。
膨大に掲示されている小学生たちの絵から息子の絵を発見。
その他も見て回ります。
絵のほかにも、有料ではあるものの、陶芸やレザークラフト等もあり、時間があれば結構面白そうです。小湊鉄道沿いにあっちこっち展示物や会場があるので、小湊鉄道を使って回るのが楽しそう。ぜひ市原市にいらしてください。
てっちゃんの息子は、帰りは小湊鉄道で帰りたいとのことで、月崎駅から五井駅まで一人旅。途中、車と鉄道で並走したりしながら楽しく帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

5/2 アスレチックにチャレンジ!

今日は小学生の息子が授業参観の代休でお休みなので、私も有給を取得し、野田の清水公園のアスレチックへ。

6時過ぎに自宅を出発。都内の高速が事故渋滞のため、船橋で降りて江戸川沿いを北上。
途中コンビニ休憩もはさみ、8:40に清水公園に到着。
05021

8:55にはアスレチック入口へ。開場は9:00。
05022

開場後は荷物をロッカーに預け、張り切ってチャレンジコースからスタート。
05023

「楽勝楽勝」と思っていたのは序盤だけでした。なめてました。
多くのポイントは小学5年生の小さ目な息子にもできますが、ロープを伝ってわたる系は、見た目は地味だが腕力が必要で息子にはきつく、ぶら下がって移動する系は多少体力等に自信のある私でもかなりきつい。
チャレンジコース40ポイント終了時点で、私もかなりお疲れ気味。
明日以降の筋肉痛(特に腕)が恐ろしい。

11時ぐらいになると、幼稚園や小学校、中学校の遠足・校外学習、高校生、大学生のグループやカップルで大賑わい。トライに時間がかかるポイントは結構待たされます。

しかし、我々は基本的に順路通り、一つ一つチャレンジ。

昼前後になって、遠足組はお弁当の時間とのアナウンスが流れ増した。
多少混雑が緩和されると読み、冒険コースの30番まで終了したところで、人気の水上コースへ。

15分ほど並んで、人気の水上ターザンへ。

見事に落ちました。
水温が低く、息子は一気に意気消沈。以降、濡れる可能性のあるポイントは回避。
一応、私はターザンも含めすべてクリア。

水上コースを終えたところでいったん休憩。息子はシャワーを浴び着替えました。
その後冒険コースの31番から再開(息子は濡れる可能性のあるポイントは回避)。

全コース制覇したのは13:30でした。混雑が激しい場合は4時間じゃ終われないかも。

腕がパンパン、足も疲れて、腰にもダメージが。
帰りがけのココスで遅い昼食。空腹のため結構食べたら高かった!
帰りの車、息子は爆睡。

清水公園のアスレチック、楽しかったです。もう少し息子の体力がつき体が大きくなったら再度チャレンジしたい。

行かれる方に。
・水上コースは混みますので、オープン前から並んで、最初に制覇。当然濡れるので即着替え。
・このシーズンだと濡れたままでほかのコースに行くと結構寒いので、アスレチック用の服・靴は2セット必要。
・平日でも結構混雑し、待ち時間もあるため3時間で全制覇は困難。一時退場もできますが、駐車場まで近くはなく、時間ももったいないので、お弁当などを持ち込むことをお勧めします。芝生、テーブル等は多数(中に売店はありますが、、、)
・コインロッカー(有料)、コインシャワー(5分100円)は100円が必要。
・持ち歩き荷物は極力ないほうがいいです。ショルダーバック程度かな。これも水上コースは危険。水深は1mを超えるため落ちたら確実に水没します。


寝顔を見ながら思いました。
『息子も今年で5年生。いつまで遊んでくれるだろうか、、、』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 7日 (土)

5/5 Walk-小湊鉄道沿いを歩く 前編

5月5日のお休みに、ロケ地、観光地として有名な地元ローカル線「小湊鉄道」を、息子と二人で歩いてみました。

前夜に二人で経路設定。GPS時計のナビゲーションモードを活用する算段。まず自宅から五井駅まで行き、そこから一つ一つ駅を通過しながら終着駅の上総中野までのコースを検討。小湊鉄道の営業距離(線路の長さ)は五井~上総中野で39㎞。ただ、実際には線路上を歩くわけには行かず、また全駅に立ち寄り、なるべく線路沿いを歩くように大回りしたり、ということを考えると、終着駅まで行くのはかなり厳しいと予測。相談の結果、以前校外学習で行ったことがあるという里見駅(営業距離25.7㎞)をゴールに設定。

7:20 自宅スタート 歩行距離0㎞
スタート地点の五井駅にむけ出発。大人の足で35分程度。あとから考えたら、この距離は目的に照らすと無意味でした。駅までバスか自転車で行けばよかった。


8:00 五井駅着 鉄道距離0㎞ 歩行距離3.3㎞
素晴らしい青空のもと小湊鉄道徒歩の旅スタート。
まずは、駅すぐにある小湊鉄道の営業所で、機関車を見学(無料)。
Img_4262Img_4259五井に住んで18年になりますが、きちんと見学したのは初めてでした。
次の上総村上駅を目指し歩き出します。
10分も歩くと田園地帯。
Img_4265

8:36 上総村上駅着 鉄道距離2.5㎞ 歩行距離6.2㎞
いきなりの無人駅です。というか、有人駅は数駅みたい。
Img_4268まだまだ元気。すぐに次をめざし出発。

田園地帯に伸びるまっすぐな線路。いい感じです。Img_4272
歩きながら、学校のこと、サッカーのこと、科学のこと、などなど、息子と会話。ゆっくり話す時間が取れるのもウォーキングのいいところかもしれません。
途中のコンビニで、飲み物とチョコを購入。


9:39 海土有木(あまありき)駅着 鉄道距離5.4㎞ 歩行距離10.6㎞
丁度上下線両方に列車が停車中。てっちゃんの息子は盛り上がりです。
Img_4274
歩行距離10km、2時間をこえ、多少疲れが出てきたようなので、たまたま見つけた和菓子屋さん(梅香堂)でおやつを調達。様々なお菓子を販売しており目移りしてしまいます。最終的には看板にあった「かりかりあげ饅頭」と、試食で頂いた「イチゴ柏餅」を購入。
Photo
テイクアウトして食べ歩き。ちょっと疲れた体に染み渡る甘味が最高でした。
後で調べてみたら、市原では有名な和菓子屋さん(HP)のようです。


10:13 上総三又駅着 鉄道距離7.2㎞ 歩行距離13㎞
ちょっと離れた場所から見る駅はこんな感じ。田んぼの向こうに駅があります。この駅のこの感じが、結構気に入りました。
Img_4282田舎道を、次の駅をめざし歩きます。疲れで多少ペースが落ちてきました。
会話の数も減ってきています。まだまだ先は長いし時間も十分なので、次の駅で休憩することに。


10:38 上総山田駅着 鉄道距離8.6㎞ 歩行距離15㎞
Img_4283
今回の駅間は2㎞程度と比較的短距離でした。駅舎のベンチに座り、20分ほど休憩し、飲み物を購入し水分補給。
非常に天気がよく気温も高めなのですが、湿度が高くないのかとてもさわやかです。風も、走るには強めでしたが、歩くにはちょうど良く、心地よいコンディション。

休憩、水分補給のおかげが、ちょっと元気が復活した息子は、「よしいくぞ!」と気合を入れなおして出発。
途中、あっちこっちのCMやドラマ、写真でよく見かける鉄橋を通りました。電車がタイミングよく通ればと思っていたのですが、残念ながら遭遇できず。
Img_4286
光風台駅手前の食品スーパーで、水分、昼食、おやつを購入。


11:32 光風台駅着 鉄道距離10.6㎞ 歩行距離18.4㎞
Img_4289ここは数少ない有人駅です。実は、数年前にも自宅から歩いてきたことがあり、その際はこの駅から五井に戻りました。息子にとって、光風台駅は「最低限の目標」だったようで、ここに到着して一安心だったみたい。元気もちょっと復活し、すぐに次を目指して出発。

しかし、小さな体で約4時間歩き通しのため、やっぱり疲れてきたみたい。足の裏の痛みを訴えます。水豆が心配だったので、一応足裏にテーピングし、指にはワセリンを塗ってきたのですが。次の駅で確認することとします。


12:02 馬立駅着 鉄道距離12.4㎞ 歩行距離20.6㎞
Img_4293前の駅から30分程度ですが、結構辛かったようです。駅のベンチで休憩、スーパーで購入したおにぎりで昼食。同じようにお弁当を食べている方が数名いらっしゃいました。
靴下を脱がせ足を確認しましたが、水豆等はできていません。土踏まずあたりの痛みを訴えます。マラソンのように、アーチが落ちてきたのか?ふくらはぎから足裏にかけてマッサージ。
ここから次の牛久までの距離はかなり長いので、長めの休憩をとって水分もしっかり。

距離もハーフを超え、時間的にも5時間超。疲れは休憩とマッサージで多少取れたようですが、今度は歩くことに飽きてきたようです。馬立~牛久間は国道に沿った一本道が多く、景色にもイベント性がありません。見えるのは田園風景ばかりで、私には心にしみる風景でも小学生にはつまらないかもしれませんね。
すると、私のリュックにつかまって歩きながら、携帯のワンセグを見始めました。この方法は結構有効で、歩行速度が速まります。

しかし、やはり牛久は遠かった。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)