« 何とか完『歩』 | トップページ | 10/30 Surf-天気回復せず »

2016年10月24日 (月)

10/22 Run-アクアラインマラソン2016 大失敗

いやあ、大失敗でした。フルマラソン舐めてました。3時間切れた自分にうぬぼれてました。

腰痛による練習不足と気力低下があり、記録は狙えないものの、サブ3ランナーの端くれとしては、4時間オーバーは避けたい。
ということで、目標は4時間切→5:30/km前後。

スタートブロックはA。知り合いのアドバイス(?)もあり、TVに映るため前方に陣取ろうと、1時間前にスタート位置へ。

10時スタート。スタートロスはなし。
まずはスタートダッシュ。この目論見は大成功!TVに映ってました。

アクアラインマラソンは、観客の声援が非常に素晴らしいです。おそらく東京マラソンよりも暖かい。
コース両側を埋め尽くす応援の皆さん。ガンバレー、行ってらっしゃい!とたくさんの声援をもらい、スタート直後から感動でウルウル状態。思わず、「ありがとうございます!、行ってきます!」と声援にこたえる。
思わずペースも4:30を切ってしまい、さすがにいかんいかんとコントロール。

が、右に幼稚園生のちびっこ応援団があれば右に移動しハイタッチならぬロータッチ、それも走り抜けてハイタッチすると子供たちの手を痛めそうなので、ペースを落としてカニ歩きし両手を使って優しくタッチ。

左に中学生の元気な応援団があれば左に移動し、声援にも答えながらのハイタッチ。

さらに右に椅子に座ったお年寄りの応援団があれば右に移動し、ゆっくり握手、ハイタッチ、たまにはお茶をごちそうになったり。
といった感じで、右往左往、ペースも乱高下。
かつ気分高揚してしまい、落としたはずのスピードがまた上がる、、。

かれこれしているうちにアクアラインへ突入!
うーん、素晴らしい、やっぱりここを走るのは最高!
思わずペースアップしてしまう。

良くないよな~とは思いつつ、復路のアクアラインの高い坂の上からパチリ。
きちんと後ろを確認し、他のランナーさんに邪魔にならないように注意しましたが、正直褒められた行為ではないですよね。ごめんなさい!
Photo
アクアラインの上下線を埋め尽くすランナー、ランナー、ランナー。この光景生で見ると鳥肌ものです!

自撮りしようとしているランナーさん数名の写真をお撮りし、走ったり止まったり。

そして、アクアラインを降りてからは、ありがたい声援にお答えし、またしても右往左往。

28km付近。第一回のアクアラインで足が攣ったあたりも無事通過。で、直後のお手洗いに。正直、そこまでせっぱつまってはいなかったのですが、35~36㎞あたりの千葉・木更津特産品おもてなしスポット(エイド)に備えて出せるものは出そうと(大会後にパンフレットを熟読したら、海ほたるには「うみほたるおもてなしスポット」があったらしい!失敗した!)。

30㎞過ぎ。徐々にきつくなってきた。
給水所が結構な数があり、暑いこともあり結構飲んでしまう。それも、「コールドドリンク」として、冷たいドリンクが置いてあり、これがうまい!。徐々におなかがタプタプに。

33kmあたりからどんどんペースが落ちてきた。でも、「あと2キロでおいしいもの!」と頑張る。そして待ちに待ったおもてなしスポット。
各種ジュース、果物、ゼリー、お菓子、デザートなどがたくさん!ジュースと梨がとてもおいしい。「記録狙いじゃないし、まだ余裕あるしゆっくり頂こう!」と立ち止まって頬張る。挙句の果てに、小さなポリ袋を差し出したスタッフさんの「たくさん持ってって!」とのお言葉に甘えお土産まで頂いちゃう。うーん、おなかも重い、お土産もおにぎり二個分くらいの重さ。これ持って走るの!?(しっかり持って走り、自宅でおいしく頂きました!)

この食べ過ぎが致命傷でした。走るとちゃぷちゃぷして結構辛い。そして、数分立ち止まっていたとことからと思われ、走り出そうとすると足が攣る。
「あらら、やばいか!?」とは思ったものの、36km通過時点で3時間ちょい。なので6㎞を50分で行けばよく、ということはキロ8分。余裕余裕。

しかし、つけは回ってきました。
おなかの重みは徐々に吐き気に変わり、足の攣りはひどくなる一方。

以降は、気持ち悪さを我慢しながら、残り時間を気にしつつ歩く。前回は走り切れた名物の上り坂は、最初から走る気力なし。

終盤の子供たちの声援にも答えられず、申し訳なくて下を見ながら歩く。
ラスト2㎞。最後ぐらいは頑張らなきゃ(というより、4時間がちょっと危ない!)ということで、走っているのか歩いているのかわからない程度に走る。足が上がらず、靴裏をするような足の運び。

ゴールまで数百m付近で、4時間のペーサーさんにつかまる。「サブ4行けますよ!頑張って!」の声を頂き頑張ろうとするも、両足ふくらはぎからひざ裏にかけて攣ってしまう。歩くとタイム的にやばい!ということで、棒のようになった足を必死に前に出す。
ゴールまで数十メートルの最後の直線は苦痛に顔をしかめながら何とか走り(歩き?)、やっとの思いでゴール!
ギリギリ4時間は切れ、3時間58分ちょい。

Photo_2何とか4時間は切れたものの、大失敗。正直、腰痛、気持ち悪さ、足の攣り等あり、これまでのフルマラソンの中で一番きつかったかも。

大会後の友人との打ち上げで「いやあ、何とかリタイヤせずに完走できてよかったよ~」と負け惜しみを吐いたら、すかさず「なに言うてるん。歩いとるやん。完走ちゃう、完歩やん」と突込みをもらいました。おっしゃる通り!
でも、うまい酒にホルモン串、最高でした。

やっぱりマラソンは練習ですね。練習すれば記録は出るし、さぼれば失敗する。
そして、ペース配分、適切な給水給食、無駄なエネルギーを使わない走り、等、あたらめて重要性を思い知らされました。


さて、次はつくばにエントリーしていますが、今回の結果、特に腰痛を受け、どうするか?
つくばは二年前にもエントリーしましたが、その前の湘南で玉砕したダメージが回復せず棄権しています。
今回は走りたい。どうしようか。

|

« 何とか完『歩』 | トップページ | 10/30 Surf-天気回復せず »

マラソン大会」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592996/64395153

この記事へのトラックバック一覧です: 10/22 Run-アクアラインマラソン2016 大失敗:

« 何とか完『歩』 | トップページ | 10/30 Surf-天気回復せず »