« 10/6 Run-12km ラドウェザー使用レポート(4) | トップページ | 10/9 Run-10km ラドウェザー使用レポート(6) 訂正! »

2013年10月 8日 (火)

10/8 Run-10km ラドウェザー使用レポート(5)

今日は朝Run。4時50分ごろからのんびり10km。キロ5分弱。朝焼けがとてもきれいでした。


ラドウェザー、使い勝手はなかなかですが、今朝、先日の時計の「すれ」の痕がかさぶたになっているのに気づきました。ちょっと対策が必要。

今日はどのような仕組みでスピードや距離が表示されているのか考えてみました。

付属ソフトでGPSからデータを落とし、生データを確認すると以下のような形式です(色は私が付けました)。

Data_4
おそらく、GPSでは黄色の部分を測定(実測)し、白い部分は黄色のデータから計算されたものと思われます(心拍を除く)。

時計上でラップを表示する場合も、”1km目のラップは○分○秒”という情報そのものを記録しているのではなく、黄色のデータから算出したラップを表示しているのかと。

時間測定中にストップボタンを押すと、一時停止できます(たとえば信号待ちの際等)。
以下のグラフは、実際に走っているときにストップボタンを押し計測を一旦停止、10秒強立ち止まり、計測再開して走り出した部分のラップグラフです。
Stop_3

ストップボタンをおしても計測そのものはとまっていないことが分かります(止まっていれば以下のようなピークは記録されない)。
おそらく、計測モードに入ってスタートボタンが押されると、その後ストップが押されても、リセット(リセットするとそれまでのデータがメモリに記録され、表示がリセットされる)されるまでの間はずーっと位置計測が継続され、データが記録されていると思われます。
そして、途中で停止してから再開するまでのデータは、「計測停止中」というようなフラグが立って、そのフラグがたったデータは、距離や速度算出から除外されているのだと考えました。

この時計にはスマートラップといって、設定した距離になるたびに自動的にラップを表示する機能がありますが、これも同様に位置情報から算出しているだけのようです。

スマートラップ機能をONにしてもOFFにしても、PCに取り込まれるデータは同じ。疲れてくるとボーっとしてボタン押すの忘れちゃうので、便利な機能は使ったほうがよさそうですね。ただ、あくまでもゴールを越えた際の距離と時間が正記録なので、コースの表示距離と時計の測定距離には誤差があることを理解しておく必要がありそうです。


|

« 10/6 Run-12km ラドウェザー使用レポート(4) | トップページ | 10/9 Run-10km ラドウェザー使用レポート(6) 訂正! »

GPSウォッチ」カテゴリの記事

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592996/58347116

この記事へのトラックバック一覧です: 10/8 Run-10km ラドウェザー使用レポート(5):

« 10/6 Run-12km ラドウェザー使用レポート(4) | トップページ | 10/9 Run-10km ラドウェザー使用レポート(6) 訂正! »